S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Gloomy Sunday
数々の伝説、そして、今なお多くの謎を残す「暗い日曜日」。その曲の誕生に隠された、激しくも切ない愛の物語。「世界中で異例のロングラン」、「あまりに切なく、危ういほどに甘い旋律」、などの評を聞いていたから、前からカル~い気持ちで見たいと思っていたのだけど・・。舞台は第二次世界大戦前のブダペスト。愛すること、生きることが容易ではない時代に生みだされた旋律は、人々の心に大きな影響を与える。それは今のこの時代に生きる私ナドには想像もつかない。でも、今、世界は決して平和ではなくて、不安な要素をあまりにも沢山抱えている。こんな時代だからこそ、こういう映画は見る価値があるような気がする。

ただ、「へぇ~、見てみよ」、と思った方がいらっしゃったら、ひとつだけ忠告(?)を。気分がlowな時に見てはイケマセン。ドドーンとさらにものっすごいlowになるオソレがあります。でも、どの場面も映像は本当に美しくて・・。はじめの導入部分の映像だけでググッと引き込まれます。そしてイロナ役のエリカ・マロジャーンというハンガリーの女優さんが、もぉぉぉ~、ほんっとうに美しい。女性から見てもクラクラするほどの美しさ。ため息モンです。これだけ惚れ惚れしてしまうんだから、男性にはそりゃもう、魔性の女性と映ること間違いナシです、はい。

この「暗い日曜日」、確かに心に残る旋律で哀しくて美しい。でも、こんな歌は歌えないなぁ、と思っていたら、ビリー・ホリデイやルイ・アームストロングをはじめ、アーティ・ショウ、レイ・チャールズ、カーメン・マクレエ、オスカー・ピーターソン、と、まだまだ多くのアーティストが歌っていることを知って驚いた。日本では淡谷のり子、越路吹雪、美輪明宏が持ち歌にしているらしい・・。確かに。似合う。このお三人方には。むちゃくちゃ有名な曲だったのですね・・。まぁ、でも、曲の存在感に負けてしまって、ワタクシには到底歌えそうにもないのですが。
by nh6610002 | 2005-06-10 01:22 | ntime
<< CD bamboo 050605 >>