hirobenaoko BLOG
by nh6610002
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
etc.
麻婆豆腐をつくったり、博士の愛した数式を見たり、made in ペルーの指人形を買ったり、友達のイライラ話を聞いて盛り上がったり、面倒な手続きをしたり、でも手続き方法が分からないから問い合わせたり、そしたら説明が早口すぎて理解できなかったり、それで聞き直したらため息をつかれたり、モヤシを炒めたり、バームクーヘンを食べたり、友達からのメールを読んで嬉しくなったり、四柱推命で全てを判断する人から「そんなことではいけません」と言われたり、素敵な写真を見て癒されたり、クッキーと勝負したり。1日24時間は本当に短い。。
[PR]
by nh6610002 | 2007-02-28 23:03 | ntime
yakata de voce 070222 /FES 070224
今夜のハナテンは相当楽しかった・・。どんどんノッてくるのを自覚しながら止まらずホントは、、、私、まだまだ歌いたかった(笑)。3人とも本当にありがとー!演奏中ニヤニヤしてしまったわ。帰りの電車でもまだニヤニヤしてたからマフラーで口元を隠したほど。しかしあの店、毎回初めて会うお客さんが多いのに最後は必ず親戚の集まりみたいになるな~。MCにすべて絡むオジサン約1名。笑いこらえるのに腹筋どれだけ使うか・・。
木曜のyakataも川口さん(g)、宇根崎さん(b)に初共演していただきとっても楽しかったです。2ndからは大野さん(ds)にも急遽入ってもらえてこれまたラッキー♪好きな編成でありながらそんなに経験がなかったのですけど、あの店にあの編成もよく合うなぁ。気持ちよく歌わせていただき本当に感謝。意外な展開にオドロいたり、その意外さが意外によかったり、ライヴはやっぱりハプニングがあって面白い。宇根崎さん、歌心溢れすぎでした。素晴らしい。。川口さんも非常にノッてくださり、沢山の方に聞いていただいてうれしい夜でした。
今週はいろんなことがあり、いろんな人に支えられていることを再認識した一週間。心の波がとてもいい状態で、且つ自由な気持ちで臨んだ2つのライヴは最高に幸せな時間でした。お越しくださったみなさま、本当に本当にありがとうございました。
[PR]
by nh6610002 | 2007-02-25 01:22 | live report
ライヴのご案内
今週、木曜(2/22)は難波のyakata de voceで、川口ヤスカズさん(g)、宇根崎博信さん(b)に初めてご一緒いただきます。ベテランのお二人によるシンプルな編成で、ぜひ歌ってみたいな~という曲が沢山あり本当に楽しみです。土曜(2/24)は久々の放出FES。ほうしゅつじゃないですよ、ハナテンですよ、クドイですけど(笑)。「ハナテン」と聞くと誰もが中古車センターを連想するみたいですが、今のところまだ発見していません。オルガン独特のサウンドが入ることで同じ曲でもガラリと雰囲気が変わり、4人で演奏するのも久しぶりなのでこちらも楽しみです♪・・というわけでよろしければぜひ遊びにいらしてください。詳しくは コチラ をご覧ください。よろしくお願いします。
[PR]
by nh6610002 | 2007-02-21 00:00 | ntime
Just in time 070217
岩佐康彦さん(p)・荒玉哲郎さん(b)・竹田達彦さん(ds)。楽しみにしていたライヴへ出かけたら想像以上でいとも簡単に圧倒されてしまった。メンバーは同じなのに前回とは展開がまた全然違う。音楽だけでなくまるでスポーツという感じもあり、聞いている側も力が入って熱くなる。かなり激しかった。岩佐さんちょっと怖い、凄い。明らかにもの凄い進化をしている。あの個性というか、存在はちょっと光が強すぎる感じさえする。それを受けて響く荒玉さんと竹田さんの尋常でない反応力。荒玉さんはシャープさとエレガントさを併せ持つ本当に本当に素晴らしいベーシスト。竹田さんはあんな音楽的な方、ちょっとなかなかお目にかかれない。正直に言うと今夜の私には3人のパワーが強すぎて本当に圧倒されてしまった。ライヴ終了後ぼ~っとしていたら友達が、「今なら、もうこの勢いで歌いたいっていう感じ??」と聞くので、「いや、、とても、とても、、」と言ったけど、、、実は、もしかしたら、今、むちゃくちゃいい歌が歌えるかもしれないという錯覚が起こっていた。コレ、これこれ。こういう錯覚、とても大事。やっぱり関西万歳ってことで締めておこう。
[PR]
by nh6610002 | 2007-02-18 00:25 | live report
etc.
今年に入ってからなんとなく気づいていたけど予感的中。その人は恋していました。きれいに的中してしまいこっちがテレる。今、身長が3メートルぐらいあるように感じているに違いない。冬はとっくに過ぎ去っているに違いない。あんな笑顔、見たことない。なんか最近、ヒトに優しい(笑)。。。も~、なんて素敵なことでしょう。
[PR]
by nh6610002 | 2007-02-14 00:36 | ntime
芸術
◆ 『芸術とは目に見えるものを写すことではない。見えないものを見えるようにすることなのだ。』 クレー
◆ 『芸術に独創はいらない。生命が要る。』 ロダン
◆ 『芸術は命令することができぬ。芸術は権力を得ると同時に死滅する。』 太宰治
◆ 『他人を感動させようとするなら、まず自分が感動せねばならない。そうでなければ、いかに巧みな作品でも決して生命ではない。』 ミレー
◆ 『芸術家は集団では育たない。アリじゃあるまいし。若い芸術家志望者に必要なのは、孤独のうちに自分の問題と真正面から闘うという特権―そしてたまには牛肉も少々―である。』 H・ミラー


巨匠達の「芸術とは」名言集。
絵画、彫刻、文学、音楽、舞踊、演劇、写真、、、世界中に数え切れない表現方法が存在する。音楽を聞いて、彫刻を見て、本を読んで、胸はいっぱいになってもお腹はいっぱいにならない。でもこんなにも心を潤してくれるもの、それは生きていくために必須な存在で、享受できる環境に生きられるのは本当に幸せなことと思う。

c0060479_273178.jpgこのブログで以前ご紹介した、舞踊家の関 典子さんが東京で公演される情報を入手したので、ちょっとご案内したいと思います。(私が昨年初めて関さんの踊りを見て衝撃を受けた様子は コチラ に書き留めてオリマス)。

私の周りには、音楽を聞きに出かけるのがごく当たり前の生活の一部になっている人が沢山いるんですけど、やっぱり何かキッカケがないとそんな風にはならない。私はこんな世界を知り、こんな世界にどっぷりの人たちがどどどど~っと周りに増えたことで、今まで見ていた景色がなんていうのかガラガラガラ~ッと変わってきました。(注:いい方向に)。
舞踊は音楽よりさらにキッカケがないと出逢わないのでは..!?心が動いていくのが、じわじわとリアルに感じられる現代舞踊の世界。チャンスがあればぜひ体験してみてください。東京近郊にお住まいのみなさま、ぜひ、ぜひ、ぜひ!
※3月27日には、神戸の「島田ギャラリー」で、トーク&パフォーマンスを行われます

--- 公演詳細 ----------------------------------------------------

2007都民芸術フェスティバル参加 現代舞踊公演
【日時】 2007年3月2日(金) 開場 18:30 開演 19:00
              3日(土) 開場 14:30 開演 15:00
【会場】 東京芸術劇場中ホール (池袋)
【料金】 4,000円 (全自由席)
【演目】 日本の現代舞踊界を牽引する3人の振付家の作品を同時上演!
      ・ 石黒節子『神聖なる喜劇~ダンテの神曲をモチーフに~』(約40分)
      ・ 井上恵美子 『かもめ食堂』(約20分)
      ・ 曽我辺靖子『Luz de la Luna~月華~』(約20分)
【出演】 本間祥公、明尾真弓、関典子、伊藤拓次、木許恵介、坂木眞司、
      松永雅彦、Teet Kask、他
【ご予約】 seki★zaa.att.ne.jp(関) ← 送信の際は、★を@にご変換ください
[PR]
by nh6610002 | 2007-02-12 11:34 | ntime
ハンク・ジョーンズ 070209
Left Aloneでシークレットライヴ。聞きつけたお客さんとミュージシャンで店内満席。

私は幸せなことに、これまでに感動するライヴに沢山出逢ってきた。そして今夜、また本当に本当に素晴らしい演奏に出逢うことができ、まだまだその感動が冷めそうにない。88歳でピアノに向かう姿だけで十分感動するのに、曲を重ねるごと、どんどん乗ってくるあたり年齢なんて感じさせない。でも、「ザ・スタンダード」の選曲にあれだけの深みと温かさを乗せてしまうのはやはりあの年齢だから?いや、違う、それも当然あるだろうけど、ハンク・ジョーンズのただならぬ人間の大きさと温かさに違いない。MCはゴキゲン、その後ストンと演奏に入る感じも格好よすぎる。素敵すぎる。思っていたよりもずっとお元気そうに思えた。そして何が凄いかというと、一音で痺れる最高の演奏でありながら、むちゃくちゃリラックスさせられてしまうところ。こういうところ、ジャズならではじゃないかと思う。いや、ハンク・ジョーンズならではなのかな。本当に、、本当に素晴らしい。もうあまり喋らず、余韻に浸っていたく、ほとんど誰にも挨拶せずささっと帰ってしまった。。帰りの車は何も聞かずに帰り、今、またハンクジョーンズのソロアルバムを聞いている。2005年の録音ということは85歳の演奏。
も~~~~~~~~~~~~、ハンク・ジョーンズに乾杯!!!!!!!!!!

c0060479_19221.jpg






アルバムはアチラコチラでお求めになれるのです
コチラ とか♪

[PR]
by nh6610002 | 2007-02-10 01:19 | live report
驚いた喫茶店とライヴのご案内
c0060479_9244194.jpgビジネス街を歩いていたらこんな喫茶店を発見。通り過ぎそうになってから 「ん?犬??ん~?ん~~!?」と引き返しました。まだまだ、あと10匹ぐらいがウロウロ。ソファの上でゴロゴロ。ビジネスマンがコーヒーを飲みながら新聞を広げているところへ飛びかかっていくワンコ達。仕事中、こんなリラックスを選ぶ人がいるなんて微笑んでしまうな~。凄い風景で驚いたけど。

今週木曜(2/8)は京橋で歌わせていただきます。BeeHiveは初めてで、小堀さん(p)、刀祢さん(b)、引田さん(ds)も初めて。どんな雰囲気になるのかヒジョ~にタノシミです。小堀さんは3年前、初めてお会いした時のキャラとピアノのインパクトが強烈で、いつかご一緒いただけたらなぁ、と思っていました。素敵な情熱的なピアニストですよ~。1st:20:00~ 2nd:21:15~。詳しくは コチラ をご覧ください。どうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by nh6610002 | 2007-02-05 23:50 | ntime
東京
c0060479_2241715.jpg友達の結婚式で東京へ。彼女の姿が見たくて見たくて仕方なかったのだけど、、友達は、、、きれいで、、残念(笑)。何かやらかしてくれそうな彼女なのでちょっと期待してたんだけどネ。自然体の彼女は「それは笑いすぎでしょ」というぐらい笑っていて、本人は塩らしくしているつもりだろうけど、「オカン」的な雰囲気も持ち合わせているからか、参列者みんな超リラックス。30分の挙式でこの満足度。アナタすごい。本当におめでとう。

今日は初六本木ヒルズ。なんとなく自分は行かない場所だと思っていたけど、サクサクと待ち合わせ場所が決まり行ってみると、都会の洗練された大きな街なのねぇ。友達が東京タワーを見たいと言うので53階の展望台へ。行ってみると予想していたよりずっと素敵。これは夜景すごいね~、きっと。東京タワーなんてぇ、とちょっと思ったけど友達の固い意志のお陰で意外に大満足。

方向音痴の私に加え、集まった仲間みんな、その音痴具合がいい勝負で面白い。今までかなり回り道をしてもなんらかの方法で辿り着いてきたから、方向に興味ないというか覚える気がないのよ~、たぶん。通りゆく人を捕まえて尋ねることに全員一切躊躇ナシ。尋ねる人を選ぶのもむちゃくちゃ早くてワラえたな。

みんないろんな人生。そんな話ができるのって、ホント最高。

page top
[PR]
by nh6610002 | 2007-02-05 00:21 | photo
etc.
姉に2ヶ月以上前に送った荷物がようやく届いたらしい。色んな所へたらい回しにされていた模様。姉と姪っこの誕生日に間に合うようプレゼントも入れて送ったのにほんと今時信じられない。ショックでショックで久々にかなり怒ったけど、、、もう、諦めていただけに本当にうれしい。
[PR]
by nh6610002 | 2007-02-02 23:15 | ntime