hirobenaoko BLOG
by nh6610002
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2006年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧
2006-2007
2006年は素晴らしいミュージシャン達と共演させてもらって歌う機会を重ねられたことは本当に幸せなことだった。色々な人との出逢いも本当にうれしかった。「そういえば今年のはじめに明確な目標を何も立てなかった、、」と、12月はじめに一瞬反省をしたけど、よく考えると昨年には思いもしなかったことを形に出来たことが幾つかあったと思う。それは沢山の人に支えてもらってのこと。自分だけでたとえ熱い想いを持っていてもなーーーーーーんにも出来ないもんだなとつくづく思う。愕然とした想いをした2月はちょっと途方に暮れたけど、それでもやっぱり、日々の生活のなんてことないこと、私が関わる人達からもらういろんな想い、「亡命することが今の夢」というような海外のニュース、そんなものすべてが私を動かすエネルギー。今年、素敵な気持ちを届けてくれた人たちに心より御礼を言いたいです。ありがとうございました。どうぞよいお年を。来年もよろしくお願いします!
[PR]
by nh6610002 | 2006-12-31 14:48 | ntime
クッキー7歳
いつも私が帰ると、「この喜びをどう表現したらいいのかワカラン」というほどバタバタしつづける、、もう、かわいくてたまらん、、クッキーの無償の愛に叶うものはない!今日は大忙しなんだけど夜にはささみをあげます。クッキー、お誕生日オメデトー。
[PR]
by nh6610002 | 2006-12-30 11:25 | ntime
岩佐康彦さん ソロ 061223
楽しみにしていた兵庫県立芸術文化センターの岩佐さんソロ。いつもこぢんまりしたライヴハウスでお酒が入っている岩佐さんの演奏しか聞いたことないのに、岩佐さんもお客さんも素面(しらふ)。それだけでも相当貴重(笑)。しかも大きなホールでピアノのみ置いてあるクラシックコンサートのような雰囲気。満席。このシチュエーションだけでドキドキするには十分。一体どんなことになるのかと思ったら・・・

本当は翌日に感想を書こうと思ったのに、想像を遙かに超えて本当に素晴らしくて、感動して、あのピアノの演奏をどう書いていいのか分からなかった。音の表現、感想を言葉にするのは難しい。 鋭さや柔らかさ、深さ、懐かしさ、温かさ、romantic、deep blue but not dark。なんで英語やねんとつっこまないでください。私、英語の歌を歌っているのに残念ながら決して得意じゃない。でも、どうしてもあの音を「浪漫的」と書くと違う。違う。「深い青」というのも、違う。deep blue but not dark というのは、深いブルー、でも決して闇に包まれたような暗さではない、というようなことが言いたかったのです。もちろんあくまで私のイメージですが。そして全曲、圧倒的な集中力で観客を引き込んでしまった。本当に凄かった。実はどこからか覚えていないけど涙が止まらなくなってしまった。別にそれは驚くことではない。日本を代表するバップスタイルのジャズピアニストなのに、お酒が入るとただのオジサンにしか見えず、凄いピアニストということを思わず忘れてしまったりするだけのこと。とにかく、とにかく、素晴らしい演奏だった。

ジャズの演奏は、ソロ、デュオ、トリオ、カルテット、クィンテット・・。そのすべてに面白さがある。二人以上で演奏すると化学反応が起きる。それがたまらない。でも、ソロがその人の世界観をダイレクトに伝える一番の方法なのは間違いない。岩佐さん、またソロ聞かせてください。聞くことが出来なかった方、次回は是非。必聴です。あ、MCも、、、必聴です。漫画映画、、、、
[PR]
by nh6610002 | 2006-12-26 23:39 | live report
クリスマスなので
c0060479_12144098.jpg
朝からドリス・デイのクリスマスアルバムを聞いてみました。夜はナットキングコールを聞いてみることにしよう。写真は2年前に友達が作ってくれたフエルトで出来た雪だるま。むちゃくちゃかわいくて大事にしてます。なんだかしあわせ~な朝。
[PR]
by nh6610002 | 2006-12-24 11:47 | ntime
etc.
最近、そういえばあんまり飲んでないせいか、そんなに飲んでないのにいい気分。本日、忘年会でした。しゃぶしゃぶ。お座敷かと思いきや、テーブルで3,4人ずつ座ることに。私のテーブルは3人で、平和にしゃぶしゃぶを食べていたところ、A氏が「残り6枚をじゃんけんで勝った人が食べることにしよう」と提案。それに対してBさん:「面白いですね~」。私:「、、、平和に、2枚ずつ、食べましょうよ、、、、、」。

私、こういう場合のじゃんけん、兎に角弱い。勝った試しがない。笑顔ながらも乗り気じゃない発言をしたら、「それは非常に日本人的発想でネガティブ」、とか、「見かけに寄らず弱気」、とか、いろいろ言われました、はい。私はたぶん全般的には前向きな人。「怖いもの知らず」、とか、「度胸ある」、と言われたこともあります。でも、かなり弱気になることもあり、このじゃんけんにしても、「これで運を使い果たしたらどうしよう、、」 と思ったりしているうちにやはり参戦することになり、じゃんけんが始まりました。

1回目。私、勝ちました。いやいや、こんなに喜べるものとは・・。2人が見守る中、6枚のうち1枚目は私が食べることになりました。これが美味しい。2回目。私、勝ちました。びっくり。また2人が見守る中、6枚のうち2枚目を食べました。でも、嬉しいものの、「どうしよ、次も勝ったら」、という心理がちょっと生まれたりします。そして小心者の私は、「ほら、こんなところで運を使い果たそうとしてるやん」 とビビったり。3回目。私、勝ちました。こんなドキドキしたの久しぶり。2人の表情は微妙(笑)。「こんなに喜んでくれて嬉しいよ・・」とか言っているけど、6枚中ストレートに3枚食べるなんてどうよ。でもここで「ホントすみません~」とか言うとそれも感じ悪い。なのでゴキゲンなまま4回目。私、勝ちました。運を使い果たしたと思った瞬間。。年末ジャンボも買い忘れたけど、買い忘れて良かったな、、と。

あとの2回はまとめて書いてしまうと、私は負け、ドラマチックにもあとの2名が1回ずつ勝ったのでした。その1枚の重み、美味しさ、噛みしめる感じ。。。そして、最後の1枚を食べたA氏の一言。「しゃぶしゃぶは、、、枚数じゃない」。泣いて笑いました。かくして、食べられる確約はありませんが、なかなか忘れられないしゃぶしゃぶとなります。忘年会シーズン、ぜひお試しを ’ー’。
[PR]
by nh6610002 | 2006-12-23 00:03 | ntime
yakata 061221
今年の歌い納めは、楽しかった、楽しかった、楽しかった~、です!お越しくださったみなさま、ありがとうございました。ノリがいいお客さま達にマスターも「今日は出る幕なかった」、と(笑)。あぁ、もう、楽しい・・。次回は1/25(木)に歌わせていただきます。よろしければ、またぜひ!遊びにいらしてください。本当にありがとうございました。
[PR]
by nh6610002 | 2006-12-22 00:41 | ntime
ブログ内容
最近、本当にびっくりしてオロオロしてしまう方から 「ブログ見てますよ」とか、ほとんどお話したことない方から、「そうか、広部さんは犬派か、、」とか、「なんで酢の物つくってるんですか?」とか、とにかく、いちおう猫をかぶってるつもりの人たちや、歌ってることをご存知ない(と思っていた)方からブログを見てますと聞くことが多い。ここでは本音で色々書いているつもりで、もちろんこれはオープンのブログなのでどなたに見ていただいても、、いや、むしろ、何度も足を運んでもらえているとしたら嬉しい、、けど、、けど、なんとなく少々心構えがいるので、急にビックリさせないでください。。さりげなく覗いて、さりげなくコメント残してください。。よろしくお願いします。。

でも、先日友達から、「ブログ面白いけど、もっと毒づく?日記が読みたい」と言われました。えぇ、それは核心をついていると思います。あたりさわりのない文章、音楽、そんなもの面白くもなんともないことぐらい分かってます。でも、明日からの生活に支障を来すようなことはやっぱり書けません(笑)。しかし私は悟りきった仙人にはほど遠いので、本当は毒づきたいこと沢山あります。。たまにmixiが羨ましい。。。まぁ、でも、今のところ正直に書いていこうと思っているのでチョクチョク覗いてやってくださいませ。。というわけでライヴでは毒づいて参りたいと思います。。木曜日、歌います。
[PR]
by nh6610002 | 2006-12-20 00:04 | ntime
福沢さん、、
友達の家の帰り道、交通量の多い2号線を走っていると風に乗ってワイパーに挟まったもの、それはナント壱万円札!走りながらもうビックリ!野口さんではなく諭吉っさん。すぐに車の流れを止められる状況では全然なく、どうしよ、どうしよ、どうしよ、とドキドキしながら色々な考えが交錯。でも、この渋滞の中、次の赤信号で車から降りて壱万円札とるのも結構勇気いるよね、でも、こんなこと一生に一度しかないだろうからもらってもバチ当たらないよね、、など考えていたら、、、、、、30秒後ぐらいに風に乗って飛んでいきました、、、 これでよかった、、、のよね、、、、
[PR]
by nh6610002 | 2006-12-17 22:53 | ntime
フラガール
今日は午前中に急に頭の中のもやもやした霧がぷぁ~~っと散っていき、午後から気分は上々。頭では分かっていても納得できなかったことが急にすんなり理解できたような感じで、次から次へとバカなことが浮かんできてはひとりで何度も吹き出してしまった。もっともっとカル~い気分になりたくなり急遽映画館へ。なんとなく「見てもいいな」ぐらいに思っていたフラガールは、予想通りカル~く楽しめる感じが今日の気分にぴったりだった。おいしいオヤツを食べながら軽く心地よくポロポロ泣いたという感じ。フラ、素敵ね~。やっぱり人間が踊る姿ってどんな踊りでも感動するなぁ。。おいしいオヤツをさくさくっと食べたい方にはオススメです。となりのおじさんもカル~く泣いていました’ー’。
[PR]
by nh6610002 | 2006-12-16 00:25 | ntime
目は口ほどにものをいう
こういう感覚は日本人にしか通用しないんだと思う。陸続きの異文化が混ざり合う中で暮らしているとこんなこと言ってられない。外国人同士の会話を見たり聞いたりすると「喧嘩?」というほど迫力を感じることがあるけど、それは決して喧嘩じゃなく、お互い自分の主張をしっかりしているだけだったりする。「想いは伝わる」、「気持ちを察する」、「目は口ほどにものをいう」、こんなこと言ってたら無能な人と判断され、相手にされないことも多々。ふぅ~、大変じゃな。この部分を理解してもらえない国ではとてもしんどくて生活できない気がするから、外国で暮らすというのは本当に大変なことだと思う。日本人らしさには色々な要素があるけど、「侘び」、「寂び」のような精神や感覚を理解するかしないか、これはそのひとつ。このような感覚が外国では絶対に生まれ得ないものだとしたら、日本の、この島国だからこその感覚は世界一個性的とも言える・・

・・ということを、最近、外国で長く暮らす友人がバリッバリバリバリバリバリバリバリ喋るのを聞いて、いとも簡単にパワー負けしてしまったため考えた。しかし、彼女、逞しい。。。もちろん、その逞しさはかなり格好いいんだけどね。
[PR]
by nh6610002 | 2006-12-14 22:43 | ntime