hirobenaoko BLOG
by nh6610002
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2006年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
充電
ブルーな気持ちはすっかり過ぎ去っております。共感コメントにホント慰められました~、ありがとう!えーと、イケてないメールを送ってしまった相手の方は、いつもと何ひとつ、これっぽっちも変わらない返信をくださいまして、後悔の渦に巻き込まれていた気持ちをしゅるるるるる~っと消してくださったのでした。オトナ、です。

今日は中高の先輩後輩にたくさん会ってフラフラになるほど笑わせられ、家に帰ってその体力消耗ぶりにも笑ってしまった・・。「笑ってもらってナンボ」の精神に徹する先輩に、2時間で10回ぐらい(笑いすぎで)泣かされ・・。こんなのちょっと久しぶり!ホント、久々の方にたくさん会えてたのしかった。トータル6時間ぐらいしゃべったな。こんなのも久しぶり。かなり充電。

笑いすぎでフラフラになりながら晩ご飯。その後、行きたいのにナゼか迷いつつ、さっさと出かければいいのに、まだ2ndに間に合うかな、もう無理かな、でも行きたいな、うーん、どうしよかな、いや、行こう、と唐口一之カルテット。行ってよかった。やっぱりすばらしい。も~素晴らしいのひとこと。ちょっと充電しすぎた、なかなか、なかなか、贅沢な日曜日。
[PR]
by nh6610002 | 2006-10-30 00:20 | ntime
メールはむずかしい・・
こんな私でもブルーになる日がある。。いや、立ち直りが早いだけで結構よくある。。原因は目上の人に送ったメール。内容的に気をつかう必要があって、でもその内容は一方的に自分の感想、というか希望を伝えるものだったから、失礼のないよう、書き直し、書き直し、行間も気にして納得して送ったはずが、しばらくたって読み返してみると、、、、、最悪。「あ、スミマセン~!読み返したらオカシかったです~!」と言えるような関係ではもちろんなく。。直接お伝えすればよかったと後悔中。そう、会って話すほうがいいに決まってる。メールはむずかしい。。メールに助けられることもあるけど。。あぁ、ほんとにブルーだな。。ドラえもんが居たらいいのにな。。今夜はノビ太の気持ちがよく分かるな。。
[PR]
by nh6610002 | 2006-10-27 00:28 | ntime
ボールペンでシュッ 【まとめ】
意外に反応が多かった「ボールペンでシュッ」。でも、ワタシの周りはみんな知らなかったようで・・。でも、靴の裏にちょっと細工?したことある人はいるようで・・。
この際、調べてみました。「新しい靴をおろす時は」 という長い文句でGoogle。
出るワ出るワの情報量にオドロキました。

「新しい靴をおろすなら、午前中」
「新しい靴をおろすのは、晴れた日の午前中」
「新しい靴をおろすのは、晴れた大安の日の午前中が良い」

ナドナド。
この迷信を守っている人が日本中にいっぱい居ました。

中には
「夕方からの外出に新しい靴を履いていこうと思ったら、
まず午前中にその靴をおろし、近所を散歩しなければならない。
この手間が面倒だ。」

という方も。
そりゃ面倒。

「どうしても夜におろすときは靴底にマジックで丸を書いてから おろす」
「夕方以降の場合は靴の裏に黒い油性マジックでなんか書くといい」

という方も。
これこれ、これだワ。店員さんにみんなが頼んでいたのは。
お店へ行ったのは確か夜8時頃だったし。

まとめは 「解釈は難しい迷信だけど、守っている人がとっても多い」、でした。
ふぅ~、スッキリ。
[PR]
by nh6610002 | 2006-10-25 00:16 | ntime
send in the clowns
c0060479_7553417.jpg
小学校入学の時に叔父がプレゼントしてくれたオルゴール。正直言うと、あまり嬉しくなかった。こんなピエロのオルゴール遊べないし、男の子向き、に感じたんだと思う。流れる曲も聞いたことない、、というワケですっかりお蔵入りに。

最近、ひさびさに(四半世紀ぶりに)見つけたのでネジを巻いて鳴らしてみると、曲は「send in the clowns」 だった。オルゴールで聞くこの曲はなんとも切なくて、自転車をこぐピエロがまた愛おしい。ナンデこんな素敵なモノをお蔵入りにしたんだろう!叔父さん、素敵なプレゼントをしてくれてたんだなぁ。大切な場所に飾ろう。
[PR]
by nh6610002 | 2006-10-22 23:19 | photo
ボールペンでシュッ
この季節、お洒落なブーツが沢山。ただいま吟味中~。靴売場で足を止め、やっぱり黒かな、いや、焦げ茶もいいな、お、グレーもかわいい、、と、今日は見るだけ。で、焦げ茶の靴クリームが欲しかったので店員さんに聞くと、布にクリームをとって革に塗るタイプを持ってきてくれた。でも、不精モンなので、「スポンジにクリームが染み込んで、そのまま塗れるタイプありますか?」と聞くと、「あるよ、あるよ、アンメルツタイプ」って。おじさん、ちょっと面白い。

近くでブーツ購入を決めた女性が店員さんに「ボールペンでシュッ、お願いします」と言った。店員さんは笑顔で 「分かりました」と言ったんだけど、、いや、、あの、、なんですって?まぁ、、気にせず、ダークブラウンのアンメルツを買うためレジへ。すると、また別のブーツ購入の女性に店員さんが、「ボールペンでシュッっとしなくていいですか?」と聞く。なっ、なんなの!ボールペンでシュッって!我慢出来ず、ちょっと面白いおじさんに「ボールペンでシュッってなんですか?」と聞いてみたところ、ナントおまじないらしい。新しいブーツを履く前に靴の裏にボールペンでシュッとキズを入れるといいらしく、(何にいいのかは不明) 店員さんに頼む女性が多いとか。めちゃ初耳。いったいなんのおまじない?
[PR]
by nh6610002 | 2006-10-21 00:40 | ntime
etc.
※今日はこんなことが書きたい気分です。気分じゃなかったらゴメンナサイ。

関空に新しい広告スペースが出来たらしくその写真を見たけど、あくまでも個人の感想だけど、、あれは、かなり、いまいち、、です。その写真が載っていた記事に「見た目より収入確保」と書いてあり、まぁ、甘いこと言ってられない事情が山ほどあるよう。でも、空いてるスペースを全部使って広告を入れていくほど外観の美しさが壊れていくことってない。その発想に、なんていうのか、上手く言えないけど、、、そう、まるで愛を感じない。見た目なんかどうでもいい、自らの収入をとにかく優先という発想は社会に対して優しさを感じないというか。こんなこと言ってるようじゃ甘い甘いと言われるのでしょうけど、、

もちろん関空のみならず、世の中にはそういう広告が山のようにあるわけで、まぁ当たり前という感じでさえあるけど、こういう感覚が当たり前というのはとても怖い。自分に関係ない場所は困っていようが汚くなろうがどうでもいい、という発想に結びついていくような気がする。そして、モノゴトの善し悪しが分からない子供達は徐々にこの感覚に洗脳されていく。

先日ニュースになっていた「渋谷公会堂」の名称変更。大手広告代理店が、このホールの命名権を取得したけど、ギモンを感じた人は少なくないでしょう。
「渋谷C.C.Lemonホール」って、これどうだろ。(※C.C.Lemonは好きです)。私の友達だけでも4名がブログでこの件に触れていた。1回の契約期間は5年間で金額は年8千万、5年で4億。東京オリンピックの時に作られてから数々のコンサートが催されてきた伝統ある場所の名前が、あっさり変わってしまう。こういうのも色々な方向から考えるとやっぱり懸念しないではいられない。長く続いてきたもの、伝統あるものへ対する尊敬とか、憧れ、そういう気持ちを、一蹴されてしまったような気持ちになる。なんか、ちょっと、私って大げさなのかな。でも、仕方ない、そう思うんだから。

時代は変わるから適応能力は必要で、もちろん、斬新なアイディアにはハッとさせられるし、面白いし、この時代に生きててよかったと思えることは沢山ある。でも、変わらないことはとても美しいこと。たとえばヨーロッパ。全ての国事情を知っているワケではもちろんないけど、伝統を大事にして、今も昔も変わらない風景を愛し、その中で新しいものを生みだす、そんな風土。斬新なアイディアで勝負する人がいる一方で、古くから伝わる伝統工芸、職人、老舗のバールの経営者、そんな人たちを誇りに思う、そんな風土。「自分の国以外で暮らすなんて考えたくもない」と言い切る人たち。こんなこと言える人が今の日本にどれだけ居るだろう。

書きたいことが多すぎてまとまらない。子供たちの悲しい事件があまりにも多くて胸を痛めている人はたくさんいると思う。被害者となってしまった子供、加害者となってしまった子供、そのどちらもが悲痛な叫びをあげている。バーチャルな世界でしか楽しめない子供、一方的に流れる情報に飲まれてしまう子供、自分で判断する力を持てない子供は多い。街の中で出逢うふとした優しさとか、ちょっとしたことで愛を感じるアイディアが少しでも増えるといいのに、と心から思う。
[PR]
by nh6610002 | 2006-10-19 00:31 | ntime
猫に釘?
太郎さん(仮名)から久しぶりのメール。書き出しは、「この素晴らしき秋空のもと、すっかり腰痛の日々だぜ!」って、面白い、、そしてファンキー。太郎さんは長年温めていることがあります。今日のメールに、「ばらばらに散らばったピースがゆっくり組み合わさってきている感じがする」 と書いてあり、なんか、なんか、うれしいー♪
「ゆっくりパズルを完成させてください。最後のワンピースは隠しときます。」と返信したら、「うーん、猫に釘」 と返信があった。猫に釘?「猫に小判」は価値のわからない人に高価なものを与えても無駄ってこと。「ぬかに釘」は手応えがないってこと。「猫にまたたび」なら、「鬼に金棒」みたいな感じかなと想像できるけど。。「猫に釘」!?

この2,3日、テンション高い人たちに心が触れたお陰でワタシもやったらハイテンション。ありがたい。デモ、ちょ~っと降りておかないと今週いっぱい持たないナ。
[PR]
by nh6610002 | 2006-10-15 16:08 | ntime
great blue 061012
ライヴにお越しくださったみなさまー、本当に本当にありがとうございました。聞いてくださったみなさんと、安藤さん、宮上くん、そしてふら~っと遊びに来られただけだったのに急遽入らされてしまった、いえ、入ってくださったガリバーさん(ds)のおかげで、とーても楽しく歌わせていただきました。ハプニングもそれはそれでたのしかった・・、バラード前で笑ってしまって困ったんですけど!次回のグレートブルーは12月5日に歌わせていただくので、よろしければゼヒまた遊びにいらしてください。本当にありがとうございました。
[PR]
by nh6610002 | 2006-10-13 01:05 | ntime
御礼
頼まれごとを引き受けて買い物へ行き、きっと持ち帰るには重いということでキャリーケースを持参。全部で22個。思いの外、ひとつひとつが大きく、しかもかなり重い。キャリーケースにはたった7個しか入らなかった。。どうしても持ち帰る必要があったので、20キロぐらいあったと思われるものを大きな紙袋二つとキャリーケースに分けて持ち帰ることになったけど、もう、泣きたいぐらい重い。阪神百貨店から阪急電車まで、この状態では一段たりとも階段を上るなんてできない。なんとか、すべてエスカレーターで辿り着ける方法を思いつく。ちょっと遠回りだけど仕方ない。。

でも、こんなにフラフラ、よろよろ歩いているのに、やっぱり誰も助けてくれないもんね、、ま、そらそっか。。何歳ぐらいになったら、『おばあさんお持ちしますよ』 と声をかけてもらえるんだろう、、など考えつつ、やっとのことで梅田駅に到着。電車に乗り、目的地の駅でまたよろよろして降りると、ちょっと私の様子を見てからワザワザ引き戻して声をかけてくれた学生風の男の子が。「よろしければ、改札口までお手伝いします」。一瞬嬉しくてまじまじと相手の顔を見てしまった。なんて優しいの。「これは重いですよー、大丈夫ですか?」。な、、なんて(涙)。。

見知らぬ人に声をかけるということ自体、最近は少ない気がするから、なんだか余計にうれしくて。私もこんな人を見たら若くても迷わず手伝おうっと♪助けてくださって本当にありがとう、ホンット~にうれしかったです。
[PR]
by nh6610002 | 2006-10-11 00:53 | ntime
インターネットが使えない
状態が3日つづくと、こうもすっかりパソコンに頼っている生活なのねぇ、と実感する。場所の検索、地図の検索、アクセス方法の検索、って全部いっしょだけど、方向音痴のワタシには今やとても心強いツール。なによりメールのチェックが出来ないのは不便。そして友達の日記をチェック。これはほんと~におもしろい。
ちょっとバタバタした日がつづき、睡眠不足、疲労困憊(というホドでもない)、筋肉痛。この週末は断念した用事がたくさんあって悲しかった・・。でも、ようやくネットが使えるようになってうれしい。でも、使えるようになったのが今日で良かった。昨日使えるようになっていたら、とんでもないことをブログに書いてしまうところだった、、アブなかった!え~、今週木曜に神戸三宮のグレートブルーで歌わせていただくので、よろしければゼヒ遊びにいらしてください!詳しくは コチラ を。

昨夜、マキシン・サリヴァン(Maxine Sullivan 1911-1987)を初めて聞きました。おそらく、亡くなる数年前の来日ライヴの録画。名前だけ知っていて今まで聞かずにいたけど、あまりにも素敵でチャーミングなおばあちゃんで卒倒しそうになりました。鴨が池に飛んできて静かに着水するような感じ。これがほんと~にお洒落でした。
[PR]
by nh6610002 | 2006-10-08 23:40 | ntime