hirobenaoko BLOG
by nh6610002
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:essay( 6 )
essay
昔、書いたものですが
その頃の素直な気持ちで綴ったので載せておきます。
ひさしぶりに読み返すと相当はずかしいです。
でも、あの頃、こんなことを感じていたのは事実。

これを書いたのは、ひっそり練習をはじめた頃でした。
お時間があればどうぞ。おひまつぶしに♪♪

Bill Evans [Portrait in Jazz]
Michel Petrucciani
Ella Fitzgerald [The Best of the Song Books]
Ann Burton [BLUE BURTON]
Nara Leao [Dez Anos Depois]
[PR]
by nh6610002 | 2005-03-10 11:49 | essay
Bill Evans 「Portrait in Jazz」
c0060479_8383434.jpg






二十歳の時。
初めて買ったジャズのアルバム。
ジャズをものすごい勢いで好きになって行くきっかけになったアルバム。
宝物のひとつ。
これを買った時のことはよく覚えている。
心斎橋のCD屋で、今まで行ったことのなかった「JAZZ」のコーナーへ。
そこは人が2、3人しか居なかった。
よく知らないけど、ジャズのアルバムを1枚買ってみたい、と
ウロウロ歩きまわり、ビル・エバンスというラベルを発見。
「あ、聞いたことあるなー。たしか有名な人のはず。よし、この人にしよう。」
たくさんアルバム出してる人だな、と思いながら、目にとまったジャケット。
「ポートレイト・イン・ジャズ」

「この人、ジャズピアニスト?」
ジャケットはイメージしていたジャズとは、かけ離れていた。銀行員のような。
でも、なにか、なにか感じるものがあって買ってみた。

家に帰るまで、電車の中で曲のタイトルだけを何度も読み返す。


1:Come Rain or Come Shine 2:Autumn Leaves (Take 1) 3:Autumn Leaves (Take 2) 4:Witchcraft 5:When I Fall in Love 6:Peri's Scope 7:What Is This Thing Called Love? 8:Spring Is Here 9:Someday My Prince Will Come 10:Blue in Green (Take 3) 11:Blue in Green (Take 2)



今までに、もう、何回聞いただろう。
いつも聞きたいわけじゃない。ただ、無性に聞きたくなる時がある。
聞くたびに、ちがって聞こえる。
アルバムのそれぞれの曲を聞く時、前回、聞いた時の気持ちを思い出す。
不思議な心地よい時間。


それにしても・・


初めて出逢ったジャズのアルバムが
「ポートレイト・イン・ジャズ」だったのは、なんて幸せだっただろう。
渇いていた心の一部分が、ゆっくりと湿っていく、、
本当にそんな感じの瞬間だった。

忘れられない、静かな感動と静かな衝撃。
大事な1枚。


page top

[PR]
by nh6610002 | 2004-01-13 16:42 | essay
Michel Petrucciani
ミシェル・ペトルチアーニ
(1963-1999)
c0060479_1644524.gif


1999年1月6日、マンハッタンの病院にて彼は天に召された。36歳だった。
2週間後に大阪で行われるはずの、発売開始日に予約したライブを心待ちにしていたから、驚きと悲しみとショックと・・。本当に本当に本当に残念だった。
小人症というハンデを背負いつつも、
音楽に対する姿勢、ピアノに向かう姿、泉のように湧き出る音、美しいメロディーラインは、生きる喜びに満ちあふれていた。

"I don't believe in geniuses," he said. "I believe in hard work."
彼はいつも天才と呼ばれることを好まず、一生懸命、努力することに信念を見出していた。
亡くなった日のセレモニーで、フランスのシラク大統領は
"sample for everyone"
とコメントし、フランスの英雄である彼の死を悼んだ。
間違いなく私の人生を豊かにしてくれた人。
いつか彼のお墓にお参りして感謝の気持ちを伝えたい。


彼との出逢いは、96年に読んだある雑誌。そこの記事は切り抜いて残してある。
『山椒は小粒でピリリと辛い』との諺がピッタリの天才ジャズピアニスト
と題がついており「へぇ~、難しい長い名前の人だな。誰だろ?」と大して興味も沸かないまま、流し読みをするとこう書いてあった。(記事より引用)・・・『よくビル・エバンスと比較されるが、私に言わせりゃ、あんな似非ジャズバーのBGMと比べること自体、失礼。もし今からジャズを聴き始めようとしているならビル・エバンスなぞ聴かずに彼のベスト盤を是非。ライブにまだ間に合うし。・・・略・・・「チケット高いからやめとこう」なんてつまんないこと言う人には「こんなときに贅沢しないで、いつ贅沢すんの?」と言い返さずにはいられない。』


いやいや。ちょっと待って。
ジャズに興味を持ち始めて、エバンスの色々なアルバムを聴き込んでいた私には、非常に腹立たしい記事だった。
「あんな似非ジャズバーのBGM???」「ビル・エバンスなぞ聴かずに???」

ペペロンチーノみたいな名前のこの人を誉めるのは勝手だけど、だからと言ってエバンスをこんな風に書くなんて信じられない。
あぁ、そうですか、そうですか、それなら聞かせてもらおうじゃない!ライブへ行かせてもらおうじゃない!

・・・しかし、意気込んでみたものの、私はまだジャズ・クラブへ行ったことがなかった。正直に言うと、ちょっと勇気がいった。
「どんな人たちが聞きに来るんだろう。どんな所だろう。8000円か・・。」
しかし「とにかく聞いてみなければ」との想いで、早速、友人を誘う。奇遇にも「この前、ラジオでその人の名前を聞いたけど、その後に流れた音楽がヨカッタ」とのこと。これで安心。すぐに電話して2名分の予約をする。


96年11月22日(土)。2ndステージ。3daysライブの最終ステージ。満席。年齢層は高い。まずは雰囲気にドキドキしながらも、ピアノがよく見える位置に座ることができた。
MCが入りペトルチアーニの名前が呼ばれる。大きな拍手の中、彼はステージにあがった。思わずその小さい姿に驚かずにはいられない。ピアノの椅子に座るのもラクラクと・・ではない。

そして演奏が始まる前の何とも言えない緊張と静寂がステージを包む。


突然、ステージは始まった。それは今までに聴いたことのないタイプの音だった。
澄み切った音。信じられないテクニック。ロマンチックなメロディー。
88個の鍵盤は彼には足りないようだった。
不可能なことなどないと思わせるそのエネルギーに満ちあふれた演奏。
高音から低音、ピアノの右側から左側へ。
こんなにピアノの鍵盤を全部使う演奏を私は今までに聞いたことも見たこともなかった。知っている曲は、確か1曲もなかった。アンコールは有名な曲に違いなかったけれど、それさえも覚えていないぐらい当時の私は曲名など知らなかった。

でも、でも、、
感動するのに知識なんて必要なかった。
無意識のうちに体が揺れ、声が出る、ため息が出る。約1時間のライブは、今までに体験したことのない時間の経ち方だった。永遠にこの音の中に居たい、陶酔していたい、そんな風に思った・・ように思う。どうやって帰ったのか覚えていないほど、フラフラだった。


初めてのライブがペトルチアーニのトリオだったなんて、いま思えばすごいことだった。メンバーは、アンソニー・ジャクソン、スティーブ・ガット。トップレベルの人たちだとはつゆ知らず。ベース、ドラムを生で聴いて、こんなに夢中になってしまうものだったとは・・!それまでクラシックピアノばかり弾いていたから、ピアノ以外の楽器にあまり興味がなかったのだ。

言うまでもなく、このライブを機に様々なアルバムを手当たり次第に聴いていくようになった。そしていつの間にかジャズは音楽、というよりも生活の一部のようになってきた。

いつもそばにある、空気のように。

ペトルチアーニをエバンスと比べることはできない。やはりテイストが違うから。
エバンスはなんてったって素晴らしい。そしてペトルチアーニも素晴らしかった。
今となっては貴重な、貴重な体験。
生の演奏を聴くことができて、本当に幸せだったと思う。


こうして、あの腹立たしかった記事のおかげで、人生において忘れられないライブに出逢うことができた。


今、読んでも腹立たしいのは変わらないが、
こんなにライブへ行かせる気持ちにさせたこのライターは、
かなりのプロだったのかもしれない。


page top

[PR]
by nh6610002 | 2004-01-13 15:38 | essay
Ella Fitzgerald 「The Best of the Song Books」
エラ・フィッツジェラルド
(1917-1996)

c0060479_8471851.jpg





私が初めて買ったvocalのアルバム。
なぜエラを知ったのか、エラを最初に選んだのか、それは覚えていない。

彼女のベスト盤は、Verve(レコード会社の名前)から3枚出ている。このデザインと同じで、ジャケットの色は、黄・ピンク・青の3色。私が初めて買ったのは黄色だった。
「とにかく初めはベスト盤を買ってみよう」と思ったんだと思う。そして、たっくさん曲が入ってる。16曲。なんだかジャケットもすごくいい。コミカルな、今にも動き出しそうな、歌が聞こえてきそうなエラのイラストが気に入った。

エラは言うまでもなく、ジャズ史上、最もすばらしいボーカリストの1人であり、いつまでも彼女の作品は、間違いなく受け継がれていくもの。

"the coolest music lady ever"
彼女の賛辞の言葉は、いくらでも聞くことが出来る。


このアルバムを聞き始めたときにまず思ったこと。
「こういうの!こういうのを自分の部屋で聞いてみたかった!」

それはまさに私がイメージしていたジャズだったから。なんとも言えず大人の雰囲気がたっぷりで、なんとも言えず温かいものだった。

エラの声は、底抜けに明るい、包み込むように優しい、茶目っ気たっぷりの少女のようにかわいらしい、生きるエネルギーに満ちあふれている、ゆったりと安心させてくれる、そんな、素敵な素敵な、素敵な声。

いま、これを書きながらしばらくぶりにこのアルバムを聴いている。
そうそう、この3曲目の"Bewitched, Bothered, and Bewildered"
これで、もう、オーディオの前で完全にしびれてしまったなぁ。
このイントロのピアノの音は一体ナニ?
歌詞を聞いているような、こんな語るような音は聞いたことがなかった。そのあとのエラの声を決してじゃまをせず、それでいてしっかりと彼女をサポートするような、このかけ合いに、しびれきってしまった。ベース、ドラムを聴く余裕はその頃の私にはなかったけど、聴けば聴くほど、その自然な、音の絡み合い方に唸らずにはいられない。

そう、憧れていた世界って、こういうものだった!と、自分の部屋で胸が高鳴ったのを覚えている。楽しい曲、元気が出る曲、切ない曲、ブルージーな曲、渋い曲・・。エラの絶頂期の素晴らしい曲ばかり集めた傑作だったのだ。


それにしても試聴なしに、なぜこんなにどんどん素晴らしいアルバムを見つけることが出来たんだろう。いま思えば不思議・・。立て続けに素晴らしいアルバムばかりに出逢ってジャズに惹かれないわけがない。

"I never knew how good our songs were until I heard Ella Fitzgerald sing them," こう言ったのはかの有名な作曲家であり作詞家であるガーシュイン兄弟。
エラが歌うと風景が浮かんでくる。
少し曇った昼下がりに、柳が揺れる川沿いをゆっくり歩いている自分を想像してみたり。私、ちょっとオカシイかも、と思うのも束の間、色々なことを思い浮かべずにはいられない。


そう、この7番目の"Miss Otis Regrets"
歌詞の意味は分からなかった。でも、気がつくと涙が溢れていた。

そして、" 's wonderful"の軽快なリズムが始まる・・
こんなアルバムを聴くことが出来る幸せ。

最高の時間。



page top
[PR]
by nh6610002 | 2004-01-05 14:03 | essay
Ann Burton 「BLUE BURTON」
アン・バートン
(1933-1989)
c0060479_15494652.jpg





オランダ人ジャズ・ボーカリスト。彼女のアルバムの中で1番初めに出逢ったのがこの「ブルー・バートン」。1曲目に入っている「捧ぐるは愛のみ」が大好きなTさんから教えてもらった。カウンターの一番端に座って聴かせてもらったその翌日、すぐに買いに行った。

好きなボーカリストは沢山いるが、もし3人選ばなくてはいけないとしたら、
やはりアン・バートンは挙げたい。
色々なタイプのボーカリストがいる中、彼女の個性は際立っている。
アルバムを聴き終えた時には、歌を聴いたと言うよりも、
大人の女性の美しい、ちょっと気だるい、詩の朗読を聞いたような感じがする。
彼女ほど「語る」歌は、ちょっと他にない。
彼女独自の解釈と「私は、私で、これでいいのよ」という投げやりな感じさえする歌い方がたまらない。こんな味わい深い歌を背伸びをせず、さらっと、でも、しっとりと歌うことが出来る女性になれたら・・、と憧れた。

1.I can't give you anything but love 2.Go away little boy 3.He was too good to me 4.But not for me 5.It's easy to remember  6.You've changed 7.The good life 8.In the wee small hours of the morning 9.Sunny


そして Louis van Dyke Trio の演奏が素晴らしい。ルイ・バン・ダイクという人はこのアルバムで初めて知った。
1曲目の「捧ぐるは愛のみ」、今では大好きなこの曲、このアルバムを聴くまで実はあまり好きではなかった。
アン・バートンの歌も渋いが、歌の合間に入るルイ・バン・ダイクのピアノにまたしびれる。
こんな雰囲気になる曲だったんだ・・、と何度も何度も繰り返して聴いた。

このアルバムを手に入れて暫く、あまりにも気に入りすぎて「これは誰にも教えない」などと、いま思えばなんともセコイことを思ったりもした。そんなまでもなく有名なのに。
気に入った場所をちょっと人に言いたくないような、ひっそりと1人で時間を過ごす所にとっておきたいような、そんな感覚だった。

・・まぁ、その場所も有名だったりするんだけど。

それにしてもこのアルバム。1965年の録音なんて驚く。いま聞いても、まったく古さはない。
もっと古い録音の素晴らしいアルバムも数え切れないほどあるけど、
あらためて、「いいものは、いつの時代にもいいんだなぁ」と、しみじみ思う。
今も昔も、人間の基本的な感情は、何も変わっていない。
そんなことを確信するとき、ホッとする。嬉しくなる。


「Blue Burton」。どの曲もすばらしい。一番最後のSunny まで。
他のアルバムもステキだけれど、特に気に入っている彼女の1枚。
いつまでもそばに置いておきたい。



page top
[PR]
by nh6610002 | 2004-01-05 13:08 | essay
Nara Leao 「Dez Anos Depois」
ナラ・レオン
(1942-1989)
c0060479_15435089.jpg






邦題「美しきボサノヴァのミューズ」の名の通り、本当に美しいアルバム。
ブラジル音楽のボサ・ノヴァ。このなんとも美しくて切ないメロディーとこのリズムは、何故、日本人の私にもこんなに自然にしみ込んでくるんだろう。
それはもう、考え込んでしまうほどに。

このアルバムを買った頃、ボサノヴァって、なんだか気持ちのいいアノ音楽よね、ぐらいにしか思っていなかった。ギターのY氏に教えてもらった。
「ナラ・レオンって聞いてみたら?いいよ。」
さっそく、CD屋へ。
これまた、ブラジル音楽、というセクションにナラ・レオンは沢山あって驚いた。

全然、知らない曲ばかりで、タイトルもポルトガル語ばかりで、どのアルバムにしようか迷った挙げ句、このジャケットをすごく気に入ったのと、1曲だけ「Garota de Ipanema」というものに目がとまり、「あぁ、イパネマのなんとか、っていう曲ね、知ってる、知ってる」という訳で決定。


幾つかの有名な曲は耳にしたことがあったぐらいで、歌詞はもちろん(ポルトガル語がほとんどだし)全然知らなかった。
ライナー・ノーツも読まず、とにかく何度も何度も聞いてみた。

とても、ステキ。

ビブラートはなく、ただ自然に語るように、隣で話を聞いているような歌い方。
初めて聞くタイプの声、それはとっても好きな声だった。

彼女の声は、素直、という言葉よりも、正直、という言葉の方が近い表現のように思う。肩に力が入っていなくて、柔らかく、自然で、とてもエレガント。女性らしく、でも、か弱さなどは微塵も感じさせない。芯のしっかりした女性、という気がした。
あぁ、こういう声の人がいるんだ、と新鮮だった。


ナラは文学や芸術を愛するかなり裕福な家庭の次女として生まれ、12歳でギターを習い始める。15歳の頃には友達にリクエストされてパーティなどで歌ってはいたが、歌手になる気は全くなかったらしい。それだけで、よくこんなセンスと歌い方が身に付くものだなぁ。やっぱり天性のものなのね、と思っていたら、天性のものを持っているのも間違いないけれど、彼女の家のサロンには、アントニオ・カルロス・ジョビンやジョアン・ジルベルト、ヴィニシウス・ヂ・モラエス、という、ボサノヴァの三聖人とも言うべき人たちが訪れていた、というのだからすごい。
まさにボサノヴァの輪のまっただ中で青春期を過ごした人だったのだ。

一時はストレスに耐えられず、歌わなかった時期もあり、ボサノヴァと決別していた時期さえあったナラ。このアルバム「美しきボサノヴァのミューズ(詩女神)」は、軍事政権から逃れ、亡命中のパリで71年に録音された。
異邦人である彼女がパリで故郷を思い出し、何を想って歌うのか。
数あるボサノヴァ・アルバムの中でも、珠玉の一枚と言えると思う。


日曜日の朝には、このアルバム2曲目の「DESAFINADO」が聞きたくなります。
自分の中の、心の波が、ちょっといい感じの時に聞くと、
それはそれは言葉には表現できないぐらい幸せな気分になります。
ま、もちろん、これは私の場合。
ちなみにこの曲「デサフィナード」の直訳は、なんと「音痴」。

"愛しい人、あなたに調子はずれと言われると、私はとても苦しくなるわ
あなたみたいに耳がいいのは天才だけ
私の耳は粗末なものなんです
でも、私の愛のことだけは、そんな風に言わないで
こんな調子はずれの胸の奥でも
ちゃんとあなたへの想いが黙ってときめいているんですから
これがボサノヴァです、これがとても自然なんです・・"


なんかかわいくて、どこかトンチンカンで、すごくお洒落な一曲。

机をトントンとたたきながらリズムを取ったり、口笛を吹きたくなったり。
ポルトガル語の歌詞を読みながら、しんみりとしてみたり。
全24曲。
とても素敵なボサノヴァを堪能できるアルバムなのです。




page top
[PR]
by nh6610002 | 2004-01-05 12:20 | essay