hirobenaoko BLOG
by nh6610002
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Ella Fitzgerald 「The Best of the Song Books」
エラ・フィッツジェラルド
(1917-1996)

c0060479_8471851.jpg





私が初めて買ったvocalのアルバム。
なぜエラを知ったのか、エラを最初に選んだのか、それは覚えていない。

彼女のベスト盤は、Verve(レコード会社の名前)から3枚出ている。このデザインと同じで、ジャケットの色は、黄・ピンク・青の3色。私が初めて買ったのは黄色だった。
「とにかく初めはベスト盤を買ってみよう」と思ったんだと思う。そして、たっくさん曲が入ってる。16曲。なんだかジャケットもすごくいい。コミカルな、今にも動き出しそうな、歌が聞こえてきそうなエラのイラストが気に入った。

エラは言うまでもなく、ジャズ史上、最もすばらしいボーカリストの1人であり、いつまでも彼女の作品は、間違いなく受け継がれていくもの。

"the coolest music lady ever"
彼女の賛辞の言葉は、いくらでも聞くことが出来る。


このアルバムを聞き始めたときにまず思ったこと。
「こういうの!こういうのを自分の部屋で聞いてみたかった!」

それはまさに私がイメージしていたジャズだったから。なんとも言えず大人の雰囲気がたっぷりで、なんとも言えず温かいものだった。

エラの声は、底抜けに明るい、包み込むように優しい、茶目っ気たっぷりの少女のようにかわいらしい、生きるエネルギーに満ちあふれている、ゆったりと安心させてくれる、そんな、素敵な素敵な、素敵な声。

いま、これを書きながらしばらくぶりにこのアルバムを聴いている。
そうそう、この3曲目の"Bewitched, Bothered, and Bewildered"
これで、もう、オーディオの前で完全にしびれてしまったなぁ。
このイントロのピアノの音は一体ナニ?
歌詞を聞いているような、こんな語るような音は聞いたことがなかった。そのあとのエラの声を決してじゃまをせず、それでいてしっかりと彼女をサポートするような、このかけ合いに、しびれきってしまった。ベース、ドラムを聴く余裕はその頃の私にはなかったけど、聴けば聴くほど、その自然な、音の絡み合い方に唸らずにはいられない。

そう、憧れていた世界って、こういうものだった!と、自分の部屋で胸が高鳴ったのを覚えている。楽しい曲、元気が出る曲、切ない曲、ブルージーな曲、渋い曲・・。エラの絶頂期の素晴らしい曲ばかり集めた傑作だったのだ。


それにしても試聴なしに、なぜこんなにどんどん素晴らしいアルバムを見つけることが出来たんだろう。いま思えば不思議・・。立て続けに素晴らしいアルバムばかりに出逢ってジャズに惹かれないわけがない。

"I never knew how good our songs were until I heard Ella Fitzgerald sing them," こう言ったのはかの有名な作曲家であり作詞家であるガーシュイン兄弟。
エラが歌うと風景が浮かんでくる。
少し曇った昼下がりに、柳が揺れる川沿いをゆっくり歩いている自分を想像してみたり。私、ちょっとオカシイかも、と思うのも束の間、色々なことを思い浮かべずにはいられない。


そう、この7番目の"Miss Otis Regrets"
歌詞の意味は分からなかった。でも、気がつくと涙が溢れていた。

そして、" 's wonderful"の軽快なリズムが始まる・・
こんなアルバムを聴くことが出来る幸せ。

最高の時間。



page top
[PR]
by nh6610002 | 2004-01-05 14:03 | essay
<< Michel Petrucciani Ann Burton 「BLU... >>