hirobenaoko BLOG
by nh6610002
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
capallusce 051105
やっぱりまたまた外国人がたくっさんでした。あの店、フランクな感じで入りやすいのカナ?ピアノとベースと3人だと思ってたら初めてお会いするギターの奥田治さん、サックスの古野充晴さんもご一緒でナント5人!まぁ、豪華。こんなに沢山で演奏させてもらったの、ワタシ初めてです。また雰囲気変わるモンなんだねぇ。ギターの奥田さん、相当個性的(笑)。バラード中になんかイロイロ喋ってらしたけどナニ言うてはったのですかネ?かなりワタシは曲に入っていた時だったんですけど、吹き出しそうになりましたよ~。

1stと2ndの間にその外国人たちとお喋りしてみると、これまたビックリ。数人はウィーンフィルに在籍5年、あとはボストン、NY、ザルツブルグ(だったかな)などなど世界超一流交響楽団から、西宮に新しく出来た兵庫芸術文化センター管弦楽団に選ばれて来ている、ばりっばりクラシックのミュージシャン達。ホンマですかいな!はい、いま、ホームページをチェックしてみたらみんな載ってました(笑)。みんな、かなり気さくでイロイロ話しかけてくれて、まー、かなりアルコールが進んでいて、「your passion is just genius!amazing!」とかを連発(笑)。いやー、ノリでも、そんなん言ってコミニュケーションをダイレクトにしてくれるのって嬉しすぎる(涙)。このあたりの会話はアルコールも手伝って、ノリノリでたのしく話していたのだけど、その後、クラシックに対する想いだけじゃなく、音楽全般に対する熱い想いを語ってくれて、それが嬉しすぎたなぁ。キャリアはちがえど、その想いには共感できることが沢山あって、あぁ、音楽っていい、と再認識。みんなジャズもかなり好きで、しかも相当詳しかった。フルート奏者のザビエルはチャーリー・パーカーの話になると目をキラキラさせていて、もうその話しっぷり、最高でした。

そうそう、お客さんの中に中高の友達が偶然いて、10年ぶりぐらいに再会というハプニングも。ホント嬉しかったなぁ。演奏も賑やかで豪華で、なんか盛りだくさん過ぎました。急なお誘い、正木くんありがとね!
[PR]
by nh6610002 | 2005-11-06 00:43 | live report
<< when harry met ... live @ カプリシカ >>