hirobenaoko BLOG
by nh6610002
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
swing!!!!!!!!!!!!!!!!!
もう、言葉が見つからない。どう表現したらいいのか分からないです。おそらく今夜、日本イチのライブに違いない。間違いないです。田井中福司さん(ds)宮 哲之さん(ts)唐口一之さん(tp)岩佐康彦さん(p)井上幸祐さん(b)の豪華メンバーで、そりゃぁ楽しいだろうとは思っていたのですが。噂は色々聞いていたNYでご活躍中のドラマー、田井中さん。あの、本当に、本当に、それはそれはホンットに信じられない体験でした。ドラムの演奏でこんなに興奮冷めやらないのは初めて。すごいの一言で、でもすごいだけでは片づけられないので困ります。1stステージが始まるや否や、「は?は?ナニ?ナニナニ??この人、ナニ??」と、もう釘付け。静かに座ってるなんて絶対ムリ。ノラずにはいられないあのビートと、ものっすごい緊迫感を保ちながらのキレのあるドラミング(っていうんでしょうか)。1stだけでワタシ、結構充分フラフラでした。1st最後のブルース、あんなドラム、生で聞いたの初めて。ブルースでよく演奏される感じ、のような気もするのですが、響き方、音の感じ方が、もう、なんって言うのかな、叫びたくなる感じ! 「ちょっと頭オカシイなこの子」と思わないでください。ホントなのです。

曲の雰囲気をドラムがしっかり支配するんですケド、すごいのは他のミュージシャンとの調整具合、と言いますかナント言いますか。上手く言えない。そして、ドラムなのに、メロディーとして聞こえてくる箇所がたびたびあるんです。「スウィングの塊みたいなもん」とは聞いていたのですが、その「スウィングの塊」という意味を完全に理解しました。

帰り際、友達と呆然として会話もなく、「凄かった」という言葉しかなく、「なんでこんな安いの?このライブが」と憤ってみたり、「ジャズなんか聞いたことない、興味ないっていう人にこそ、こんなライブ聞いて欲しい、それが願い」と呟いてみたり。ご興味がある方は連絡ください。必ず次回のご案内をいたします。

ライブの余韻に浸りながら友達の車に乗ると、流れてきたCDに大爆笑。だって英会話。「リピート・アフタ・ミー」みたいな感じで区切られた単語が流れてきました。あのライブの後に、あれはあれでかなり衝撃的だったよ。そして帰り際、彼女が「今度の日曜のライブ行くね~」と・・。あまりにもの興奮にしばし、忘れてました、ライブのこと。。こんなライブ聞いてしまったら、自分はなんでライブするんだろうとか考えてしまいますねぇ、ほんっと。・・で、で、でも、こんな人たちが演奏する曲が自分も好きでたまらなくて、ホンの少しでも同じ曲をかじったりできるのが嬉しくてたまらない、そうそう、それにつきます。なかなか眠れそうにないのですが、ちょっともう、さすがに寝る努力をしてみます。おやすみなさい。
[PR]
by nh6610002 | 2005-08-19 02:29 | live report
<< great blue 050821 ナゼダカ >>